プロペシアの処方からジェネリックに移行しました

プロペシアからジェネリックに切り替え

私は以前からAGA治療をしていまして、皮膚科でプロペシア処方して貰っていました。
しかし、効果が薄いという訳ではありませんが診察代とプロペシアの料金が高く、これが定期的に支払わないといけないという事で生活費を抑えながらだったので、どうすれば良いか迷っていました。
そうしたある時にプロペシアのジェネリックがあると知りまして、料金の方が月に1万円以上支払っていたものが数千円まで安くなると気付いて、すぐに切り替える事にしました。
しかもインターネットで気軽に購入ができるという点も嬉しくて、毎月予約を取って皮膚科に通うのが大変でしたので時間の節約にもなって良かったと感じています。
経済的にも時間的にもジェネリックに切り替えた事によって楽できました。
そして、ジェネリックを使い始めて気になった事は副作用があるのか、こちらでも効果があるのかという事でした。
インターネットの評判を見たら中身は同じだと書かれていたので大丈夫だとは思っていますが、やっぱり医師から処方して貰っているという安心感があったからです。
安いから効果が薄い、危険という訳でもないですけど気持ちの問題がありまして、本当なのかなという思いはありました。
日本が公式に認めている正式な薬ですけど、自分で購入して自分で使用する訳ですから効果を感じられるまでは不安という部分はありました。
そういう風に思う事があり、飲み続けた所少しずつ効果を感じられるようになりました。

プロペシアからジェネリックに切り替え髪の毛の量が明らかに多くなった日々のケアも大事ですが、薬の力が大きい